Sound of San Francisco – Bolinas with Shane

December 9, 2014

I became a friend with Shane when I was visiting Bolinas for thanksgiving. He was an artist/designer of wood crafts. We became a really good friend when we started playing with C.24 hooked up with the piano sound.

He played some abstract type of piece (since he’s not educated musician). It reminded me of Philip Glass that I was talking about to Shane the night before. Probably that was his inspiration to play with C.24.

And of course, we didn’t forget hiking to the Ocean!

アメリカのサンクスギビングといういわゆる感謝祭の日、僕はサンフランシスコ近くにあるボリナスという小さな街を訪ね、そしてこのシェーンという男と出会い、友達となった。彼はデザイナー兼アーティストで木材を使った作品を作っているようだ。

その日は5〜6人の友人らと一晩を過ごし、次の日にはみんなで朝食を作ったりしてボリナスのゆっくりとした空気を楽しんでいた。ふと僕はこの雰囲気に合うだろうと思い、C.24を取り出し、ピアノの曲を弾き始めた。シェーンはすぐに興味を示し、弾きたいと言い出した。その時から僕らは本当の友達となったような気がした。

音楽に対してほとんど無学の彼が彼が弾いていたのは、抽象的なピアノピース。前日の夜に話していたPhilip Glassの影響もあるのだろうか。そんなインスピレーションが伝わって来る。彼はしばらく一人でボリナスのパティオでたたずみながら自分が奏でる音色に浸っていた。

そしてもちろん、僕らはその後海に向かってハイキングしたさ!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn

Sound of San Francisco Author

Tomo Saito

Tomo is a San Francisco-based designer, photographer, and musician who is known for many amazing projects, like the creation of Japants for Betabrand and installations at the Asian Art Museum in San Francisco. Tomo is also the creative director of The Tofu Project. He has an MFA from the California College of the Arts(CCA) and now hosts a creative residency space called The Dojo.

トモはSan Francisco在住のデザイナー、フォトグラファー、ミュージシャン。BetabrandのJapantsやアジア美術館でのインスタレーションなど多数のプロジェクトを行う。またトモはトウフ・プロジェクトのクリエイティブディレクターも務める。トモはカリフォルニア芸術大学(CCA)の修士号をもち、San Franciscoのクリエイティブ・レジデンシー「The Dojo」を主宰。